実用ボールペン字の講座

私たちの日常は、手書きでボールペンなどを使って字を書く機会がとても多いといえます。学校や会社での試験、書類の作成、ちょっとした伝言メモ。ボールペンなどで字を書く機会を数えれば、枚挙にいとまがありません。ボールペン字がクセ字だと、読み手にも負担をかけますし、正式な書類などである場合は、書きなおしを要求されるかもしれません。ボールペン字を通信教育や通信講座で学習して、今よりも手書きによるボールペン字が綺麗になれば、毎日が楽しく、素敵になると思いませんか。

私たちが日頃ボールペンなどで書く文書のなかで、ひらがなの占める割合は70%近くにもなります。ボールペン字を通信教育や通信講座で学習して、ひらがなだけを集中してボールペン字を上達させれば、それだけで、全体の印象がかなりよくなるでしょう。ボールペン字の練習は、まずはひらがなからとなります。某通信講座(通信教育)でのボールペン字練習では、ひらがな46文字を最初の8日間で一気にマスターできるような講座が用意されているようです。

ボールペン字を練習する上で、知っておきたいボールペンの欠点として、凹凸面があるとボールがうまく回転せず、描線が曲がってしまったり、長期間の放置に弱いというデメリットがあります。ボールペンの場合、万年筆と違い、紙面に直角に近い角度で保ち筆記することも求められます。また、最近のボールペンでは、超高粘度インクを利用した消しゴムで消せるボールペンなども市販されています。ボールペンには、万年筆ほどの種類はありませんが、蒔絵や漆塗などを採用した高級品もいくつか存在しています。ボールペンのデザインを楽しむ人も多いですね。

ボールペン字練習のための練習帳などが発売されています。先生のお手本が記されており、ボールペンで手本をなぞれば、自分のボールペン字の癖がはっきりします。悪い部分がはっきりすれば、ボールペンで自然ときれいな字が書けるようになるでしょう。書店で並べられているボールペン字関係の書籍は、ほとんどが初心者を対象にした内容になっています。ボールペン字の練習は生活でよく使うひらがなからはじめられるのがよいのではないでしょうか。
posted by カワムラ at 17:00 | ボールペン字の練習帳
ボールペン字無料ガイドのトップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。